一戸建て住宅はなぜいいの?

一戸建ての強み

住宅の購入を考えた時、一戸建て住宅もマンションなどの集合住宅もそれぞれの強みがあり、一概に誰にとってもこの住宅が良いとは言い切れません。

マンションなどの集合住宅は、階を選んだり建物自体を選べば階段を上らずフラットに家まで行くことが出来るため、段差が危険な年齢の方には安全に住める住宅になります。さらに物件によっては、ごみを家の前に出すだけで回収してくれるサービスも行っているため、ゴミで片手がふさがった状態で杖を片手に歩かなくてはいけない、赤ちゃんを抱えて大きなゴミを出さなくてはいけないということも無く、動き辛い方にとっては暮らしやすい物件もあります。しかしそのサービスを受けるためには、マンションの代金を支払い終わっても管理費や修繕積立金などを、部屋を所持している限り払い続ける必要があります。

一戸建て住宅においては、壁の塗り替えなど家の管理費は自身で貯めていく必要はありますが定期的に支払うものではありません。土地を含め購入された場合においては、上物が古くなってしまっても土地の価値は大きく変わらないため、未来への投資資産としての価値もあります。さらに、場所を選ぶことで同じ金額であっても広い家を作ることが可能です。便利さを求めるなら、その分土地代が上がってしまうため広さを確保することが難しいこともありますが、家を処分するときに土地の価値があるため処分しやすい強みも持ち合わせています。このような強みを持つ一戸建て住宅は、それだけでなく自分の思うがままの設計も行える物件もあり、注目を集めています。